目の下にクマができる原因に、血行不良があります。血行不良とは文字通り、血液の循環が悪くなることですが、血行が悪くなると、血液中の酸素が不足します。すると、ヘモグロビンが暗赤色となり、皮膚の薄い目の下の部分が黒ずんで見えるようになってしまうというわけ。血行不良を改善することで、目の下のクマもかなり改善されるようです。血流が悪くなる原因はいろいろありますが、一番は自律神経がうまくコントロールしなくなるから。自律神経は交感神経と副交感神経の二つで構成されており、これらのバランスが乱れると、血液のスムーズな流れにも乱れが生じるようになります。自律神経のバランスを整える一つの方法として、呼吸法があります。特に、ヨガなどで行っている腹式呼吸がオススメです。息を鼻から、おなかと胸がいっぱいになるまでゆっくり吸い、口からゆっくりと最後まで吐き出す。これを10分間くらい続けると非常に気持ちがすっきりしてきます。就寝前に行うと、血流が良くなるだけでなく、良い睡眠を得られます。感情が乱れたときにも、この呼吸することで落ち着かせることができますよ。感情の乱れは血流が悪くなる原因でもあるので、ぜひ行うといいでしょう。目の下のクマと呼吸法、一見なんの関係もないように思えますが、実は意外に関係があるのです。ただし、呼吸法は続けることで効果を実感できるので、毎日行うようにしましょうー