みずほ銀行が想像以上に凄い!

着色しやすい物を食べたらホワイトニング

白い歯に憧れている人は多いですが、白い歯にするのって難しいですよね。
毎日歯磨きをしっかりとしても歯は黄ばんでしますし、歯の表面には細かい凸凹があるので食べ物や飲み物の成分によって歯は影響を受けやすいのです。
食べ物や飲み物の中には歯に着色しやすい物があり、意外とたくさん着色しやすいものがあるのです。
どんな食べ物が歯の着色しやすいのかというと、カレー、チョコレート、ソース、ケチャップ、色の濃いベリー類等になります。
タンニン、ポリフェノール、ターメリックなどを多く含む物が一般的には着色しやすくなっています。
また着色しやすい飲み物には、コーヒー、紅茶、烏龍茶などになります。
アルコールや炭酸飲料、柑橘系の飲み物、梅干しなどの三度の高い食べ物は歯のエナメル質を溶かして脱灰を促すので、歯の表面に色素が残りやすくなってしまいます。
だから色の濃い食品との食べ合わせには注意したいものです。
食べ物や飲み物を注意する事は大切ですが、歯を白くしたい場合にはホワイトニングが効果的です。
歯医者さんでは高濃度の過酸化水素を使ってホワイトニングをすることができるので、希望通りの白さにできるでしょう。

コメントは受け付けていません。